近年看護師の不足は医師の不足と同様社会問題にもなっていますが、出産を行う産婦人科を見てみると、その状況はどうなのでしょうか。実際、少子化が叫ばれている昨今、出産率も低下していることは事実です。では、産婦人科の需要も減少しているのではと思ってしまうところですが、現実はそう簡単ではないようです。


近年少子化が進んだことによって、逆にその1人を出産する際の比重を重く置く方が多くなってきました。出産にたずさわる医師や看護師、助産師はもちろんそのときできるベストを尽くすわけですが、少しでもトラブルがあると大きなクレームにつながってしまうことが多いのは否めません。


もちろん大事な子供のことであるため、ナーバスになることは頷けますが、いつ出産体制になるかわからないところを24時間監視し、いつでもその作業に取り掛かれるように準備しておかなければならない医師や看護師、助産師にとってそれだけでも重労働です。


にもかかわらず、1つの問題もなく子供を産みたいと考える親にとって、わずかなトラブルが起きてしまうと不安と怒りにかられる率が高くなります。ゆえに、出産現場は重労働環境でありながらそれを責められる率が非常に高い職場であるのです。


そのため、看護師もそうですが特に助産師の求人に応募する数自体が減少しているということが深刻な問題となっています。求人を出してはみるものの、それに応えられるほど助産師の数が存在していないのです。

医療機関や助産院の求人は窮地に立たされていると言っても過言ではありません。しかし、これからの命を支える仕事ですから、求人状況を把握した上でこの問題を考える必要があります。

話題のサイト

助産師の求人情報はここから|医療ワーカー